HOME 『がちょーの掲示板だよ〜』 管理人のプロフィールだよ

がちょだよ

Author:がちょだよ
ぽちゃっこのぬいぐるみとしろくまカフェをこよなく愛する、路地裏の少年 ひとりバンドのギタリスト

最新記事 本日の残り時間だよ
月別アーカイブ 若旦那の部屋 (HP) "掲示板だよー" カテゴリ〜 今の時間

がちょのひとりごと。

ネットで拾った話しから、街でみつけた小さな幸せなどを しみじみとお話しする そんなブログです

ジブリ「ポニョ」の都市伝説



3.11後 一時期放映が自粛されてたい作品でもありましたよね
何故なら津波等の表現がNGだった事も過言ではありません。

そんな「ポニョ」知らないほうがよかったと、後悔するかもしれません。ネタバレ要素を含みますので、まだ見ていない方はご注意をして聞いてくださいな。

  ※以下記事引用
...............................................................................................


1. トンネルの先は死後の世界
『崖の上のポニョ』には神秘的で寂しいトンネルが登場しますが、そのトンネルの先は死後の世界を
意味し、トンネルを抜けてしまった宗介(主人公の少年)は死んでしまったと解釈している説があります。
トンネルの入り口に、地蔵があったのを覚えていますか? 地蔵は胎内や子どもを意味する存在であり、
「親よりも先に死んでしまった幼子の魂」を救済する存在でもあります。つまり、宗介は死んでしまい、
このトンネルをくぐることで魂の救済がなされたとも解釈できるのです。

2. ポニョは魂を迎えにきた死神
ポニョは亡くなった人たちの魂を迎えにきた死神だ、という説があります。ポニョの本名は
「ブリュンヒルデ」といい、北欧神話には死者の魂を展開へと導く存在として知られています。
ワルキューレという女神は日本でも知られていますが、ブリュンヒルデはワルキューレのひとりとしても有名です。

3. ボートの家族は成仏できない魂
ボートに乗っていた幼児を含む家族は、成仏できないままあの世とこの世を漂っている魂という説があります。
大正時代のような服装をしている婦人から推測するに、亡くなって数十年、乳児の霊とともにさまよっていたと解釈。
ポニョで出会ったことで、「家族が成仏したと解釈できるシーン」もあります。

4. 町が美しいまま海に沈んでいる
津波がなかったかのように、町が美しいまま海の底に沈んでいます。しかも、船には多くの人たちが元気に
乗っています。津波はひどかったけど、悲しいようすはあまり感じられず、むしろ明るい。亡くなって魂となった人たちが
「三途の川を渡っている」と解釈している人が多数います。

5. 老人たちが元気になっている
作品のラスト、老人たちが元気になり、いままで安否が不明だった人たちがたくさん登場します。しかも水中にいて、
不思議な空間が形成されています。常識的に考えれば、「どうしてこうなった?」と頭を傾げてしまうシーンです。

      ソースはこちら⇒ http://buzz-plus.com/article/2015/02/13/ponyo/



ポニョだよ




何年か前も、震災便乗で取り上げられた記事。
以前書いた 「トトロ」記事で、メイは既にあの世に行っていた
その続きですよ(*_*:)


以前書いた記事 http://gachonohitorigoto.blog.fc2.com/blog-entry-52.html





ただ、これはアニメの二次元のお話し。
   都市伝説もストーリーが出来ていますよね !

THEME:伝えたいこと | GENRE:日記 |
<最初のページ  1 2 3 4 5...  最後のページ>
全1ページ中
1ページ目
がちょーのブログ内ページを探せます。
   製作 がちょのひとりごと。 製作しても委員会 ? SINCE 2013.6.23
  【製作総指揮】 がちょー  【企画 撮影】 相方・近所のYさん  
                                       


 【協力・提供】  (有)マニア俱楽部  プータ労連合組合  RT- ねりわさび
 訪問者さま~ ♪ \(^○^)人(^○^)/